仮想通貨の開発技術者と資金源~仮想通貨はどこからくるの?

やる夫
お~い、やらない夫、仮想通貨について教えるお!

やらない夫
なんだ、急に。

やる夫
なんだ、急にもあるかお?金儲けしたいんだお。

やらない夫
帰れ!

やる夫
まあまあそう言わずに、そもそも疑問に思ってることがあるんだけど、仮想通貨って誰が作ってるのお?ニートが作ってるとか?

やらない夫
ニートが作れる訳ないだろJK。よし、今日は仮想通貨の近況について教えてやる。

 

開発者は技術系ベンチャー!資金源はプリセール!

スポンサーリンク

開発者がコインの保有権の売却

 

例えば、ベンチャー起業家のまつやん(仮)がまつやんシステムで使用されるコインを誰か買いませんかと募ります。
まつやんは総量のうちのいくらかを自分のふところに入れて、残りを投資家に売りつけます。

 

開発が長期化して、お金が足りなくなるとふところに入れておいたコインを取引所で売ります。
開発者の保有量が多いと爆弾として投資家に恐れられます。しかし一番きついのは開発中止ですので、どうにか資金をつないでシステム稼働までこぎつけて欲しいと願います。

 

また、有名な会社がそのシステムの採用を表明したりするとGOODNEWSです。
有名なところで言うと、ビットコイン決裁をマイクロソフトやDELLが導入したり、日本ですと、ソフトバンクがイーサリアムで募金システムを利用すると表明しています。

 

プリセールでゲットできる資金量ですが、2016年3月現在だと6億ぐらいはすぐに集まります。日本人も購入者は多いようです。
サイトで募って、売るのがプリセールです。

 

プリセールが終わった後は取引所で購入するか、マイニングするしかありません。
プリセール情報はコイン関連のサイトを漁ると出てきます。このサイトでも随時更新していく予定です。

 

コインシステムの開発が途中でもコインは取引所で取り扱ってもらえれば自由に売買できます。
現在のところプリセール以下で売買されているコインは少ないです。バブルだと思います。

 

やる夫
今はバブルなんだお!大チャンスだから値動きの激しそうなやつを買いまくるお!

やらない夫
・・・お前、俺の話聞いてたか?バブルはいつまでも続くものじゃないんだ。やがて価値のあるものだけが残る。だからこそ、厳選してどの通貨に投資すればいいか決めるんだ。

やる夫
めんどくさいお!どれがいいんだお。ケチケチしないで、教えろお!

やらない夫
あのな、仮想通貨はそれぞれに設計思想があるだろ。それを見て聞いて自分で判断するだ。まつやんも記事をたくさん書いてるから、儲かる通貨で検索してみてくれ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク