軽減税率関連銘柄を探せ!便乗値上げで業績UP?

2019年10月より、増税予定の日本国だが、増税によって消費者は痛い目を見るものの、企業は意外とダメージを受けない。そんなことを8パーセントへ増税した時に感じた。

むしろ税抜き価格だったり、量を少なくして、利益を上げてきた経緯がある。今回の増税も便乗値上げでかえって業績UPする企業が出てきそうだ。

 

軽減税率のメリット

スポンサーリンク

 

持ち帰ると安くなる。店内で食事をすると高くなる。これが一番大きな軽減税率の問題である。当然、家で食べる人間が増えるだろう。そうなると、飲食店は配膳する従業員を少なくすることができる可能性がある。

つまりである、レストラン業は人件費を削減することができるのではないだろうか?

 

レストランの人件費削減、軽減税率関連銘柄



1日3回、合計3分チャートを見るだけ楽なFXトレード方法!

 

  • すかいらーく
  • ゼンショー
  • サイゼリア
  • 吉野家

 

この辺りは、意外と儲かるんじゃないかなと思う。吉野家に関しては2オペが主なので影響は少ないかもしれないが、それでもどこかで削る余地は出てくるかもしれない。

店内で飲食されると、器の片づけ、テーブルの片づけ、配膳などかなりの労力がいるが、持ち帰りだとそれがなくなる。また吉野家なんかで、よくオジサンがクレームとかいちゃもんをつけているのを見るが、家で食べるならそういうのもなくなるかもしれない。

そうすると従業員のストレスも減り、雇用獲得費用も減る可能性がある。

 

便乗値上げできそうな銘柄や増税銘柄

スポンサーリンク

 

駆け込み需要と言えば、家である。ちょうどオリンピックも近くなってきて、いよいよ不動産バブルのクライマックスを迎えそうな気配もある。不動産関連銘柄にとっては最後のチャンスになりそうだ。

逆に言えば、そろそろ空売りが美味しい時期にもなってくる。

ミサワ、桧家、ポラスあたりは面白そうだ。特にポラスなんかは拡張傾向にあるので、駆け込み需要が終わり、オリンピックが終わるとガクッといく可能性もある。

 

食品関連も注目だ。スーパーで便乗値上げをするチャンスがある。マルハニチロ、日本ハム、明治など面白そうだ。増税で業績が下がると思われそうなところに上方修正なんてきたら、株価が上がるだろう。

8パーセントの時に増税の対処法ノウハウが企業内に蓄積されているので、それを利用できるというのもポジティブな要素である。

 

アベノミクスもいよいよ終わりが近づいてきているのかもしれない



シークレットセオリー・フルオートEA


 

増税によって庶民の可処分所得が減ることは確実である。ただでさえ社会保険料が毎年のように値上がりする中で、増税による景気の腰折れで給料がさらに下がる可能性もある。

安倍政権は改憲のために人気取りを現在はしているが、改憲、増税が終わればそれこそ経済政策に強引な手段を用いてこなくなる可能性もある。

アベノミクスもいよいよ終わりが近づいてきているのかもしれない。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク