株で人生逆転する人、株で人生狂って終了した人の違い。

株で資産を100倍にした人は存在する。100万円が1億になる。そういうことは割と起きうる。特にアベノミクスはそういう人を大量に生成した。1000万円を10倍にして1億にした人はゴロゴロいる。凄まじい世界だ。

株で人生を逆転する人と株で人生を狂わせて終了させる人は何が違うのか?考察していく。

 

株における信用取引で人生は狂う

スポンサーリンク

 

100万円ならなくなっても、また貯めるのは比較的簡単だ。労働で100万円なら1年我慢すれば貯蓄できる人も多いだろう。貯蓄が難しいなら、仕事を増やしてもいい。取り返せる。

しかし、1000万円貯蓄しようとするならば、大変な苦労がいる。普通の我慢ならば10年かかっても不思議ではない。なのに、株をやると100万円の重みと1000万円の重みがごっちゃになる。

株における信用取引を使ったばっかりに、その1000万円の重みが現実にのしかかる。一気に資産がなくなる。信用取引は増えるスピードは確かに2倍、3倍になるが、減るスピードも2倍、3倍になる。

調子のよい時は増える方にしか目がいかない。どんなに優れた投資家でも不敗という訳にはいかない。どんなに良い銘柄でも株価が上がらないこともある。どんなに良い経営者でも失敗することもある。忘れてはいけない。

株で人生を逆転させる人は、レバレッジを効かせるうえで100万円と1000万円の労働の重みの違いをしっている。株で人生を狂わせる、終わった人は労働の重みの違いを知らない。見ようとしない。

 

今手元にある金がなくなった時のこと想像できますか?



【週末たったの1時間】月平均20万円株式投資法(特典あり)

 

仮に現在、5000万円持ってたとしよう。それが3000万円まで減った時、自分がどう思うか?2000万になった時、1000万になった時、100万になった時、想像できますか?

もし、専業投資家であるならば、資金が3000万円、2000万円ならば、まだ逆転の目があるが、3桁になってはゲームセット。株で人生狂った、終わったと言ってよい状況になる。

無職で金がない、高年齢で年金も大してないとなると、相当厳しい戦いが強いられる。もともとそういう生き方が身についている人は幸せな人生が送れるとは思う。しかし、それはその人が身につけた財産であって、株で人生転落した身からすれば、自分の過去にとらわれることになるだろう。

5000万円から3000万円に減った時に、配当株に回すという選択ができれば、年間100万円ほど確保することが可能だ。こういう判断ができるのかということである。

年間100万の配当と資産が3000万円あるのと、配当なしで貯金500万円ほどでは、気持ちの面でかなり変わってくるだろう。仮に働く必要が出てきた時に、心の支えになるようなものを残しておかないといけない。

労働の重みを知っているのか、知らないのかで、株人生に差はつく。出てくる。

 

劣悪な労働環境で働く自分を想像できますか?

スポンサーリンク

 

それこそ、カイジの世界。とまでは言わないが、あまり身綺麗とは言えない老人が集まり、黙って作業する。そういう場で永遠と働く自分を想像できますか?

オーバーだと思うかもしれないが、株で負けるということはそういうことなのだ。お金がなくなるというのはそういうことなのだ。だからこそ、今手元にある資金を大事にしなきゃいけない。

お金と人生は決してバーチャルではないのだ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク