個人投資家の9割は負け!メンタリズムで考える!信用取引における評価損益率!

利を伸ばせない

スポンサーリンク

 

www.matsui.co.jp/market/stock/netstock-info/

グラフを見て分かる通り、常に評価損益率はマイナスである。
そこから分かることは利が乗ればすぐに利確し、損になれば辛抱強く持つということである。

 

勝つためにはどうすればいいか?



【14日間無料】株初心者が月90万円以上稼いでる銘柄配信【週2回】

 

まずは人間の特性をしるべきである。
DAIGOのようになろう!メンタリストが相場でも勝てる!

 

メンタリスト的に傾向を考えてみると、個人投資家のポートフォリオの整理術が見えてくる。

 

利が乗っているものを優先的に処分するのが負け組

スポンサーリンク

 

A銘柄 3パーセント含み益
B銘柄 10パーセント含み損
C銘柄 5パーセント含み損

 

こういう状況でどれを処分するか?

 

あなたが選んだのはA銘柄ですね!

 

これが良くない!もう一度表に戻ってもらう。

 

・平均して含み損がマイナス10パーセントはニュートラル。
・含み損がマイナス25パーセント以上は耐えられない。損切りしてしまう。
・含み損が含み益になった瞬間にトレードを閉じてしまう。

 

これの逆を考える。

 

・含み益が含み損になった瞬間にトレードを閉じる。
・含み益が10パーセントはニュートラル。最低限ここまでは利を伸ばす。
・含み益が25パーセント以上は利確。

 

負けている人は気付くことが多いのではないだろうか?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク