5G関連銘柄一覧-本命はサイバーコムか?

5Gとは?

スポンサーリンク

 

簡単に言えば、新しい通信規格だ。現在の通信規格との違いを特徴としてあげるならば、2点にまとめられる。

 

  • 色々な周波数帯を使って通信できるので、やりとりできるデータ量が増えることと
  • 回線スピードが上がること(情報量の多いコンテンツも素早くやりとりできる)

 

例を挙げるならば、VRも代表例になるだろう。360度の3Dデータというのは現在では大きすぎるので、通信コストがかかるが、5Gの通信規格が採用されれば緩和されるだろう。VR業界の発展には欠かせない。他には自動運転に必須な規格とも言われているな。自動運転に関しては後述する。

 

注目されそうな時期



【14日間無料】株初心者が月90万円以上稼いでる銘柄配信【週2回】

 

まず2017年にLTE-Advanced Pro(4Gの進化形)がはじまって、2020年頃から5Gが使われ始めるというのが一応のロードマップとしてある。だから盛り上がるまで、まだ時間があるが、関連材料が出るのは2017年から、2018年にかけてになるだろう。だから仕込み始めるならそろそろかなとも思う。

 

5Gと4Gで何が変わるのか?

スポンサーリンク

 

みんな、スマホ使ってるなら上部の方に4Gという文字を見たことはないだろうか?

 

 

これが5Gという名前に変わる。
その前は3Gだったよな?3Gから4Gになってどうなったか覚えているだろうか?そう、ネット閲覧が速く安定するようになった。

今回の4G→5Gの変化も同じように。

 

  • 通信速度が100倍速くなる。
  • 通信が安定する。(人ごみでもパンクしにくくなる)

 

上記のような効果が見込めるので、動画コンテンツもストリーミングで楽々みられるようなユーザーにとって具体的な恩恵はたくさんあるだろう。そこにビジネスチャンスがあるわけだ。

 

5Gに切り替わることで、株価に影響を受けそうな分野



【株トレMAX】平均月利154.63%! 創立16年の投資顧問会社ながらアセットメントが完全プロデュース。複利なら1年で1万円→1億円の計算か?


 

  • 自動運転関連
  • VR/MR/ARなどのデータ容量の大きい新技術

自動運転関連においては、特に通信技術をサポートする会社は恩恵を受けるだろう。
なぜなのか?箇条書きにすると、自動車の運転制御は…

 

  • リアルタイム性
  • 通信の安定性

 

この2点が必須だからだ。その理由は当然であるが、事故を起こしてはいけないからだ。そういう意味ではセキュリティ関連も含めてサポートできれば儲かりそうだな。

 

5g関連銘柄






2017/1/13

銘柄名 時価総額(億) ジャンル・材料
サイバーコム  79 車載機器ソフトウェア開発
アルチザネットワークス  68 ネットワーク全般
理経  35 スペインのEMITEと5g事業
構造計画研究所  154 第5世代モバイル推進フォーラム参加
ヨコオ  210 IC・電子部品関連なので5Gへの移行関連
PALTEK  83 半導体・通信機器関連なので5Gへの移行関連。
JIG-SAW  466 イスラエルのアルテア社と5gチップライセンス契約
ネクストジェン 29 ドコモ通話管理システムを担当してるから思惑?ドコモのネームバリューは分かりやすさはある。

 

まつやんが選ぶ、5G関連の本命






 

サイバーコム、アルチザネットワークスの2社

 

サイバーコム|大本命

IOT、自動運転、5G関連とお金になりそうなテーマにいくつも絡んできそうなのが本命の理由だ。時価総額も小さく夢がある。

 

過去4年の業績

安定して利益を出せており、財務も問題なさそう。かなりいいんじゃないだろうか?

単位/億 売上 営利 経利 当期
2016 88.8 5.1 5.2 3.4
2015 82.6 4.9 5 3
2014 76.3 4.5 4.7 2.9
2013 71.6 3.8 4.1 2.4

 

アルチザネットワークス|対抗

既にLTE-Aで実績があるので、当然5gにも絡んでくるだろう。確実に絡んできそうという面で安心感がある。セキュリティ関連のノウハウは、IOT関連におけるセキュリティの分野で注目される可能性がある。

 

過去4年間の業績

少し伸び悩みを感じるが、今後のIR次第では爆発する可能性もあり。

単位/億 売上 営利 経利 当期
2016 22.5 3.5 3.5 2.2
2015 28.1 7.9 8.9 5.4
2014 26.9 6 6.3 7.6
2013 10.6 -3.2 -2.1 -2.1

 

まとめ






はっきり言って、どれも決め手に欠く状況ではある。ならば、材料が色々な角度から出そうなサイバーコムを本命にした。テーマ株ではなくとも、十分に投資適格内の業績推移をしているのも良い。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク