ビットコインの悪い点とは?

歴史の浅さに由来する、認知度の低さとセキュリティイメージの悪さ

スポンサーリンク

 

ビットコインの歴史は始まったばかりです。
その点で既存通貨に対してイメージ・認知度の点で劣ります。
特に日本のように通貨価値の安定した国ではなおさらです。

 

また、マウントゴックスの事件が記憶に新しいと思います。
詳しい説明はここではしませんが、簡単に言えばビットコインを管理する取引所の
預金口座がハッカーに、盗まれて返金不可能になった事件です。

 

通貨にとって利便性は大事ですが、同様にセキュリティも大事です。

 

信頼のおける取引所もマウントゴックス以降はかなり出来てきましたが
イメージの悪さは免れないでしょう。
今後の課題は、セキュリティイメージがオンラインバンクと同等程度になることだとまつやんは思います。

 

流動性、換金性、交換性の低さ



【14日間無料】株初心者が月90万円以上稼いでる銘柄配信【週2回】

 

世界の通貨の中で一番使用されているのはドルです。
ドルは円にもユーロにも変えられますし、たくさんのモノを買えます。
たくさんの人が信用している通貨であるからこそ、そのようなことが可能なのです。

 

一方ビットコインはどうでしょう?
例えば1兆円のコインをすぐに円に変換できるかといわれると難しいと思います。

 

1兆円のドルを円に換えるのは簡単です。
これは為替市場がどの程度発達しているかに依拠しています。
ドルの流動性は非常に高いのです。

 

またビットコインを街で使えるかと言うと、ほとんどのお店では使えません。
通貨としての流動性の低さ、インフラの弱さが原因です。

 

ビットコインと通貨がたくさん交換できること、ビットコインでモノがたくさん
買えるようになること。これらが実現しないことには、円やドルのような通貨
としての地位は築けないでしょう。

 

いつでもなにかに変えられるというのは価値なのです。

 

価値の変動の大きさによる決済不安

スポンサーリンク

 

仮に、日本円の価値が昨日と今日では20パーセント違うとしましょう。
昨日家を1億円で購入したが、明日購入していれば8000万円で済んだ。

 

理不尽ですよね(笑)
日本円は日本銀行がインフレ率を管理しています。
なので円の価値は範囲内で一定であることが可能なのです。

 

一方ビットコインは円やドルとの交換比率に価値が左右されています。
投機的な側面があるのですね。

 

しかし、これは円とビットコインを比較するから言えるのであって
たとえばジンバブエドルとビットコインではビットコインの方が価値が安定
するとするならば、ビットコインでの決裁の方が安定するかもしれません。

 

ビットコインは手数料が低くなる分、多少割引になるなどのインセンティブ
があれば流行の発端になるかもしれません。

 

以上、まとめていきましたが、ビットコインの今後の活躍は社会インフラが
どこまで整うかが鍵になると思います。

 

取引規模の拡大、セキュリティの進歩により安心と価値が高まっていけば
デメリットは小さくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク