なぜ株式投資家は衝動的な売買を繰り返すのか?

まつやんも分かっちゃいるんだけど、やっちゃいます。衝動的な売買。その瞬間はよく考えて取引を行っているつもりでも、後で思い返すと衝動的だったなと思うことが多々です。

今回はなぜ株式投資家は衝動的な売買を繰り返すのかを以下の5つの点から考えてみたいと思います。

 

  • 寝不足・メンタルの不安定時
  • あらお安い、株価が下がったから!
  • 情報の不確実性
  • 買いの後の想定外の値動き

 

寝不足・メンタルの不安定時

スポンサーリンク

 

やはり、衝動的な行動をしてしまう時って、心にスキがあるんですよね。笑うセールスマンが出てくる時もそうじゃないですか?あれやられてるんですよ、投資家も。株式投資にド~ン!ですわ。

もっと儲けてやりたいとか、思っちゃうんですよね。なんででしょうね。しばらくすると、今度は損をするんじゃないかと不安になってしまうんです。そして、損切りしてしまう。人間というのはつくづく合理的な行動をとれない生き物だなと思います。

まつやんだけですかね?いや、みなさんも多かれ少なかれあるでしょう?きっと。

 



取引は1銘柄だけ!株価の予測必要なし!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』

 

もっと儲けてやりたいって思う時って大体、暇なんですよ。刺激がない。前項に戻りますが、メンタル的な充実が少ない時もあると思います。刺激が欲しいのですね。

その売買が本当に素晴らしい根拠があっての売買ならいいのですよ。問題は何に依拠しているかなのですね。刺激が欲しいから株式投資しているのか?本当に儲かると根拠がはっきりして投資しているのか?

これよ~く考えると、意外と前者の根拠で投資していることも多いんじゃないですかね?もちろん100パーセントとは言いませんよ。ただ売買の何割かは暇だからやってるみたいなところないでしょうか?

ここをはっきりさせておくだけでも、投資の結果は変わってきそうな気がするんですよね。暇じゃなければ、投資しないんじゃない?みたいな投資の仕方してるとしたら要注意ですよ!

 

あらお安い、株価が下がったから!バーゲン心理!

スポンサーリンク

 

ウォッチしてる株とか、ツイッターで騒がれた株が下がると買い時なんじゃないか?そう思いませんか?大体相場が終わってる時なんですけどね。

株価が下がった時に、本当に割安なのか?よく考えてみると、確かに割安だけど、そこまで割安ってわけでもないよな?そんなことが多々あります。

値引きされると、なんか得した気分になるじゃないですか?買い逃したら損みたいな?バーゲンの心理ですよね。でも実際にいらないもの買ってませんか?そういうことです。

服のバーゲンなんか興味ない人でも、株だと意外と騙される。でもね、なんでバーゲンしてるか考えてみてください。その服とか株って高く売れなかったからバーゲンしとるんですよ。値段的には下り坂の途中なんです。

 

情報の不確実性



【株トレMAX】平均月利154.63%! 創立16年の投資顧問会社ながらアセットメントが完全プロデュース。複利なら1年で1万円→1億円の計算か?


 

ツイッターの情報ね、確かに役立つ時はありますよ。でもね、意外と勘違いしてる情報もあるんです。IRに問い合わせました!みたいな人いますよね?確度の高そうな情報源です。しかし、自分で問い合わせるとちょっと情報が違うことがあるんですよ。恐ろしいですよ。これ、本当に。

中には意図的に嘘を書く人もいます。重要な投資なら、自分できちんとIRに問い合わせしましょう。まつやんはIRに電話で確認したという情報を信じて、大損したことがあります。

 

買いの後の想定外の値動き






 

あらお安い、株価が下がったから!バーゲン心理!とセットなんですが、すぐにリバウンドすると思ったら上がらない!それどころか株価下がってるやん!

こんなことが多々あります。株価が下がったとしてもガチホできるなら、それはいい銘柄だと思いますけども、狼狽して売っちゃう、またはこれ、実際問題割安じゃなかったわ!みたいな投資だと非常にお金がもったいないです。

 

衝動買いをなくすための解決策






 

失敗の原因というのは、気持ちの問題だったりするんですよね。暇だ~とか、刺激が欲しい。解決策として、メンタルヘルスという考え方がまず必要だと思います。

気持ちを落ち込ませないといいますか、常に楽しい状態になるように努力をすることが大事です。楽しむってのは能動的なことって結構面倒なんですよね。

でも楽しむことを考えて、きちんと行動する。ボーっとしないこと。仕事、投資に邁進するのは素晴らしいことだとは思いますが、楽しむことにも真剣に取り組むことこそが、衝動的な売買を減らしていくことになるのかなと。

自分のメンタルヘルスの先生になってあげることこそが解決策になるとまつやんは考えております。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク