株式投資にレバレッジを何倍まで使用すべきか?レバレッジのメリット、デメリット!

基本的にはレバレッジ投資は危険である。やはりどこまで株価が下がるかということは根本的に予測不可能だからだ。

なぜ予測不可能なのか?パニック相場になった時は理屈を超えるからである。しかし、現実問題レバレッジを使用して勝負しなければ、貧困層、一般層から、富裕層になることは不可能である。

そこで株式投資においてレバレッジ何倍まで使用すべきか?どのようなタイミングで使用すべきかを考えていく。

 

レバレッジのメリット、デメリット

スポンサーリンク

 

メリット デメリット
金を増やす 高速で増える。時間が短縮できる。 高速で減る可能性もある。場合によっては破産可能性も。
精神 高揚感はある。早く金持ちになれる可能性にワクワク。 破産の可能性などマイナス思考にも陥る。
金利 メリットなし。 金利がかかるので、長期になるほど、損をする。

 

レバレッジは使いどころが大事。割とテクニカルなものなのだ。

 

何倍まで使用可能なのか?



1日3回、合計3分チャートを見るだけ楽なFXトレード方法!

 

委託保証金率30%である。つまり3.3倍までレバレッジを効かすことができる。さらに言えば、現物で買って、信用で3.3倍効かすと、100万円で430万円分株を買うことができるのだ。

まあ、現物の株式の評価というのは、割り引くので現実問題、430万円マックスでは買えないのだが、これほどまでに信用取引でレバレッジを効かすというのは、大きなものなのだ。

 

レバレッジは何倍まで使うべきか?

スポンサーリンク

 

3.3倍まで使用可能だが、マックスまで使えば、すぐにバーストしてしまう。ちょっと下がれば追証で、追加で証拠金を入れなきゃいけなくなる。

まつやんの感覚だと、2倍が限度かなと思う。2倍レバレッジを効かすということは、株価が半額になれば0円になる計算である。

じゃあなんで2倍なのか?説明していく。

 

レバレッジを2倍に抑えておく理由

やっぱり破産リスクってのは考えていた方が良いからである。

よく破産覚悟の勝負!とか言ってやる人がいるんだよ。でもね、実際に破産したら悲惨だよ。お金なくなったらきついんだ。まず返済がきつい。借金には利息が付くからね。

しかも結構な利息が付くんだ。

だから、破産しちゃいけない。今回失敗しても、次で取り返せるような条件で勝負に臨む、そっちの方が金持ちになれる可能性が上がる。

株価半額、いきなりなる可能性ってのも、正直ないことはない。でも滅多にはないし、相当怪しい企業じゃない限り、どこかで値がついてくれる。

やはり2倍までかな~。ある程度信頼度のある企業で、2倍。信頼度に関しては、明らかにヤバそうな企業ってあるから、買いたい銘柄の株式掲示板は見ておくといいよ。

ある程度のことは分かる。

 

レバレッジは使うタイミング



シークレットセオリー・フルオートEA


 

長期間使わない方が良い。期間が長いほど、株価が低迷したり、突発的なアクシデントに見舞われる可能性があるからだ。

それに精神的に疲弊してしまう。

大金というのは長い期間かけて勝負すべきではないのだ。精神的にやられるからね。これはどんな人でもそう。ビットコインの大量保有者もハッキングや価格下落の心配でうつ病になった人がいる。

だから、確実に儲かりそうな決算だとか、期間を区切って勝負する。1か月、1か月半ぐらいを目安に使えばいいんじゃないかな?

勝負所ってのはそうそう多くないはずだから。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク